スポンサーサイト

  • 2015.06.04 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ガールミーツボーイ

    • 2014.09.17 Wednesday
    • 07:10
    美世と小学一年生の息子・太朗はふたり暮らし。周囲の人々に支えられ、懸命に明るく生きる日々。ところが、思いがけない出来事が―。傷心の美世を迎えてくれたのは、同じマンションに住む女の子とその父親。いちぶを欠いた二つの家族の出会いは、新たな物語の予感へとつながる。喪失の悲しみと傷みを、魂が受容し昇華するまでを、透明感に満ちた筆致で描き、温かな幸福感と希望を呼ぶ。

    ごく普通の日常を描かれていた気がする。
    特別なことは何もないような・・・オットが失踪なんてことが意外なことだったのかな。
    あまり感情移入できない作品ではありました。

     

    スポンサーサイト

    • 2015.06.04 Thursday
    • 07:10
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM