スポンサーサイト

  • 2015.06.04 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ねこのばば

    • 2015.05.31 Sunday
    • 11:33
    お江戸長崎屋の離れでは、若だんな一太郎が昼ごはん。寝込んでばかりのぼっちゃんが、えっ、今日はお代わり食べるって?すべてが絶好調の長崎屋に来たのは福の神か、それとも…(「茶巾たまご」)、世の中には取り返せないものがある(「ねこのばば」)、コワモテ佐助の真実の心(「産土」)ほか全五篇。若だんなと妖怪たちの不思議な人情推理帖。シリーズ第三弾。

    立て続けに読んだ^^
    前回のよりもこちらの方が先に読めばよかったかな。
    でも、続きってこともなくて楽しめた。

     

    おまけのこ

    • 2015.05.28 Thursday
    • 18:59
    一人が寂しくて泣きますか?あの人に、あなたの素顔を見せられますか?心優しき若だんなと妖たちが思案を巡らす、ちょっと訳ありの難事件。「しゃばけ」シリーズ第4弾は、ますます味わい深く登場です。鼻つまみ者の哀しみが胸に迫る「こわい」、滑稽なまでの厚化粧をやめられない微妙な娘心を描く「畳紙」、鳴家の冒険が愛らしい表題作など全5編。(データベースより)

    久しぶりにこのシリーズを読んだけど、面白かった。

    ころころろ

    • 2014.02.16 Sunday
    • 16:04
    評価:
    畠中 恵
    新潮社
    ¥ 1,470
    (2009-07-30)

    ある朝突然、若だんなの目が見えなくなってしまったからさあ大変。お武家から困ったお願いごとを持ち込まれていた長崎屋は、さらなる受難にてんやわんやの大騒ぎ。目を治すための手がかりを求め奔走する仁吉は、思わぬ面倒に巻き込まれる。一方で佐助は、こんな時に可愛い女房をもらっただって!?幼き日の一太郎が経験する淡い初恋物語も収録された、「しゃばけ」シリーズ第八弾。 (データーベースより)

    面白かった。
    今回は仁吉と佐助の活躍が良かった。
    一太郎の件での生目神はなんとなく気に入らなかったけど^^;
    目が見えなくなったことで音に敏感になるというのはわかる気がするし。
    思わぬ展開に毎度楽しくなる。
    妖もたくさん登場して賑やか♪

     

    ゆめつげ

    • 2014.02.04 Tuesday
    • 21:05
    評価:
    畠中 恵
    角川書店
    ---
    (2004-10)

    江戸は上野の端にある小さな神社の神官兄弟、弓月と信行。のんびり屋の兄としっかり者の弟という、世間ではよくある組み合わせの兄弟だが、兄・弓月には「夢告」の能力があった。ただ、弓月の「夢告」は、いなくなった猫を探してほしいと頼まれれば、とっくに死んで骨になった猫を見つけるという具合で、まったく役に立たないしろもの。そんなある日、地震で迷子になった大店の一人息子の行方を占ってほしいとの依頼が舞い込んだ。屋根の修繕費にでもなればと、目先の礼金に目がくらみ、弟をお供にしぶしぶ出かけてしまったのが運のつき、事態は思いもよらぬ方向に転がりに転がって…。ちゃんと迷子の行方は知れるのか!?そして、果たして無事に帰れるのか!?大江戸・不思議・騒動記。(データーベースより)

    やっぱり面白かった^^
    読み始めからグイグイ引きつけられてまた一気読みでした。
    弓月と信行の兄弟がまたいい!
    「ゆめつげ」かー、確かにそんなことはありそうな気がしてきてハラハラしながらも楽しめました。
    息子探しから話はどんどん広がってやがてとんでもない話になっていくんだけど
    ・・・ちょっと無理があるかなとも思ったけど、最後はめでたしめでたしで良かったですよ〜


     

    ゆんでめて

    • 2014.01.29 Wednesday
    • 18:14
    評価:
    畠中 恵
    新潮社
    ¥ 1,470
    (2010-07)

    面白かった。
    食わず嫌いでこの人の本は読んだことがなかったのだけど・・・
    ちょっと肩の凝らないものを読みたくて読み始めてみた。
    思いのほか楽しめた。

    始まりから終わりまでが逆になっていてさかのぼって書いてあるのも面白いと思った。

    だいたい、若旦那が病弱っていうのが良い。
    いつだって主人公は元気すぎだから^^;
    こころ優しい若旦那の活躍は見事だし気持ち良い。
    小鬼たちも楽しいし。

    もうちょっと読んでみようかな。
    なんて思っちゃう面白さでした。

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM